ただいま、体験レッスンキャンセル待ちとなっております

遅い時間に食べると太るのはなぜ?

皆さん、こんばんは!

すっかり春模様のお天気ですね(*^^*)

ぽかぽかで気持ちがいいです!(笑)

さて本日は

『遅い時間に食べると太るのはなぜか』

についてお話していきたいと思います(^^)

まず、私たちの目の奥には、太陽の光を感知するセンサーがあります。

このセンサーが太陽の光をキャッチすると

全身の時間感覚を制御している時計遺伝子に働きかけ、

前細胞に時間を知らせていきます!

目の奥に時間を管理している

「体内時計」

があると思って下さい(*^^*)

この大きな時計が

太陽の光を感知すると、

体は「エネルギー消費モード」に入ります。

逆に太陽が沈んでしまうと

センサーが「夜になったぞ!!」と全身に働きかけ

エネルギー消費モードから「蓄積モード」に切り替わってしまいます。

蓄積モードに入ると、

全身の細胞も休みはじめ

約3時間かけて完全にお休みモードに入ります。

そうすると基礎代謝も低下していきます。

つまり夜に食べると太りやすくなるということです( ;∀;)

夏だと日の入りが19時頃になるので

そこから3時間後の22時からが蓄積モードになります。

冬だと日の入りが17時頃になるので

20時には蓄積モードに入ってしまいます。

また、22時~2時の間は

「BMAL1:ビーマルワン」という

脂肪をためこむ時計遺伝子の働きが最も強いため

この時間に食べてしまうと

いつも以上に太りやすくなってしまいます。

夜勤がある方など要注意ですね((+_+))

このように、

同じものを食べていても

「時間によって太りやすさは異なってくる」

ということが分かるかと思います!

皆さんもぜひ、ご参考にしてみてください(^^♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次