ただいま、体験レッスンキャンセル待ちとなっております

食欲を抑えてくれるホルモン!

皆さん、こんにちは!

最近、寒い日が続いていますね~((+_+))

三寒四温とは正にこのことですね(笑)

さて、本日は『食欲を抑えてくれるホルモン』について

お話ししていきたいと思います(*^^*)

私たちの体にある脂肪細胞は

適量の脂肪を取り込むと

「もう食べなくてもいいよ!」と脳に指令をだしてくれる

「レプチン」というホルモンがあります。

このレプチンが正に食欲を抑えてくれるホルモンになります!

レプチンが働くことで

私たちは満腹感を感じ、

食べ過ぎることは無くなります。

しかし、食べることを辞めずに

どんどん食べていると

結果、

このレプチンは働かなくなってしまい

満腹感を感じなくなってしまいます。

そうすると、どんどん食べてしまうので

私たちの脂肪細胞は大きくなってしまいますよね( ;∀;)

この大きくなった脂肪細胞は、

「周囲に炎症を引き起こす」というとても悪い働きをしてしまい

そうすると、

体脂肪の燃焼がうまく行われなくなってしまいます。

つまり、太れば太るほど食欲は抑えられなくなり

体脂肪の燃焼も行われにくくなってしまうので

さらに太ってしまうという悪循環になってしまうということです( ;∀;)

そうならないように

ダイエットをするなら

早めに行う方が楽ですよね(*^^*)

良かったら参考にしてみてください(^^♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次